ホーム > 2016 > 給与所得を2箇所以上の所から得ている人は確定申告を

給与所得を2箇所以上の所から得ている人は確定申告を

仕事をしていて、副業をしている人は多くいます。本業は会社勤めをし ている人は大抵確定申告は会社でしてくれることが多いです。副業をしている場合、つまり給与所得を2箇所以上の所から得ている人は無条件に 確定申告をしなければなりません。

laihin43.gif本業の会社が行ってくれる申告は、本業の給与所得に対するもので、その会社での給与に対する税金の計算 をしてくれており、納税が多い、少ないなどを調整してくれ、多い場合には年末調整時に返金、少ない場合には徴収という形で計算してくれま す。大概の会社は、多めに給与から天引きし、年末の段階で返金するケースが多くあります。そしてこの本業とは別に副業をする場合、副業は 副業で同じように税金を納めなければなりません。税金は収入によって税率が変わってきます。

本業に副業分の収入がプラスされた合計で税率 が決まるため、副業をしている人の多くは、月々天引きされている税金では足りなくなってくることが多いです。そのため、複数の場所から給 与所得を得ている場合は、年間の収入の総額の税率で計算された金額を納税する義務があるため、確定申告しなければなりません。

複数の場所 から給与所得を得ている場合は、それぞれの会社から渡された源泉徴収票を用意して確定申告します。詳しく分からない場合は地元の税務署に 聞いても良いですし、会計士さんや税理士さんに問い合わせるのもおすすめです。自分で確定申告する場合はe-taxを利用することがおすすめで す。インターネットで簡単に申告することができます。基本的には源泉徴収票に書かれている数字などをそのまま打ち込むだけです。また、各 自治体で期間限定で会場を設けているので、そこで職員に聞きながら申告することもおすすめです。


求人リサーチ応募

01位

バイトルで応募

圧倒的な求人数!秋の副業にオススメ。
01位

クラウドワークス応募

収入劇的アップ!狙うならこちら。
01位

ランキングで探す

安心安全の在宅!ならココで決まり!

キーワード