ホーム > 選び方ガイド > 和食店でアルバイト

和食店でアルバイト

アドバイスのポイント

和食店は扱う食材が豊富で、焼く・煮る・揚げると多彩である。そのため【相当な調理技術の経験が必要】である。経験が浅い場合は、和食店で1年間は勤務したい。

17.jpg店のグレードを明確にする
現在、料理店は高級店と大衆店に分極化している。店の正確を最初に明確にしておく必要がある。

食材の中心は魚と酒
和食店の場合は、いかにおいしい魚と日本酒を確保するかが店の大きな成功のポイントとなる。独自の仕入れルートが必要となるが、まずは地元の市場の仕入れと組み合わせていけばよいだろう。

店舗例
◆立地条件 高級店は、オフィス街、駅前商店街、大衆店はオpフィス街ショッピングセンター近辺、一般商店街も。
◆店舗面積/席数 高級店・・50坪以上/40席以上。大衆店・・20坪/20席は必要。
◆ディスプレイ 和風の落ち着いた雰囲気をめざす。座敷とテーブルの両方を用意する。
◆メニュー構成 基本メニューの他に、昼と夜、独自のメニューを用意する。昼は日替わりのセット、夜はアルコールとあう単品メニューを。
◆従業員 昼食・夕食時はパートアルバイトを雇う。経営者の経験が浅い場合は調理師紹介所等で調理師を雇う。
◆食器類 茶碗・椀/各50、どんぶり/20、土鍋/20、皿/大40・中50・小50、サラダボール/20、銚子/50、猪口/50、コップ/50、フォーク、ナイフ、スプーン、調味料入れ等



キーワード