ホーム > 選び方ガイド > とんかつ屋でアルバイト

とんかつ屋でアルバイト

アドバイスのポイント

とんかつは根強い人気を誇る食べ物であるが、開業は減少気味。店舗規模の拡大化が進む。とんかつは油の温度、揚げ具合等調理技術習得に時間がかかる。店で修行する前に、料理学校で基礎を学ぶことが重要だ。 

15.jpgどんな店をめざすのかを明確にする
とんかつ店には、高級専門店、大衆専門店、多角化店の3つがあり、店作りを明確に。

A女性・家族客をねらい、固定客を増やす
男性だけでなく、女性・家族をダーゲットにすることで固定客を増やすことができる。

店舗例
◆立地条件 オフィス街、繁華街等
◆座席 20席
◆ディスプレイ 対面式カウンターとテーブル。雰囲気づくりとして器等にこだわるのもよい。
◆メニュー構成 大衆専門店は低価格・高回転の店作りを目指す。肉の種類を変える、他の食材との組み合わせのフライメニュー、サラダ、デザート等を用意。
◆従業員 長時間営業、作業の分業化から、家族だけでは対応が難しい。昼食時、夕食時を中心にパートアルバイトの導入をはかる。
◆食器類 皿/大50・中50、茶碗/50、どんぶり/20、コップ/50、 ソース入れ/20等



キーワード