ホーム > 選び方ガイド > ステーキ屋でアルバイト

ステーキ屋でアルバイト

アドバイスのポイント

ステーキハウスは小規模でも50〜80�u程の店舗面積が必要であり、自己所有の店舗を持たない場合は相当開業費用がかかる。FCの加盟も成功の近道かもしれない。また、肉の仕入先、オリジナルソース等同業種の修行も必要。もしくは専門家を雇わねばならない。 

16.jpg固定客をつかむ
ステーキハウスは流動客が少ない。良質なステーキ、心あるサービス、DM等の努力を。
ヘルシー指向を取り入れる
ヘルシー指向の高まりのなか、ステーキは対極のイメージ。低脂肪メニューを取り入れるなどのアピールも必要だ。

店舗例

◆立地条件 オフィス街、繁華街、交通量の多いロードサイド等
◆座席 20席
◆ディスプレイ 木・漆喰・レンガ等で店のイメージを統一、重厚な雰囲気が必要だが、今後はアットホームさも今後は求められる要素だ。
◆メニュー構成 アルコール類も用意。ワインの充実。お子様向けメニューも考慮する。
◆従業員 混雑する、昼食・夕食時にパートアルバイトの導入を考える
◆食器類 ステーキ皿(鉄板)/40、皿/大40・中40・小40、スープ皿/40、サラダボール/20、椀/40、コーヒー・ティーカップ/各40、 ワイングラス/50、ワインクーラー/10、フォーク・スプーン・ナイフ/各40、コップ/40、調味料入れ/10等



キーワード