ホーム > 選び方ガイド > 靴屋でアルバイト

靴屋でアルバイト

アドバイスのポイント

現在の流れとして、小規模店は淘汰され、大型店舗やディスカウントストアが増えている。そうした中で個人が開業する場合は、個性的な店舗にすることが大切。
靴のアドバイザーという立場を確立する。そのためには資格を取得したり、最近は靴の健康面の関心が高いのでその分野の勉強は深く行いたい。

24.jpg種類を絞り込み、サイズを豊富にする
在庫が多くなりがちなので、商品を絞り込み、サイズを豊富にすることが大事。

Aポリシーを売る店作り
大型店に対抗する為にも足の健康をテーマにした商品をそろえるなど独自性をだす。

Bトータルコーディネートの店作り
靴を中心にウエア・鞄・靴といったトータルコーディネートを追及するなど工夫する。

店舗例

◆ディスプレイ 店頭は集客の上で、重要な場所なので、通行人の関心を引くことを心がける。店の特徴を打ち出すようにする。
◆修理コーナーを設ける 優れたアフターサービスを実施するために、修理コーナーを店内に設ける。これは、お客に店の面倒見のよさを感じさせ、固定客化を促進させる。
◆従業員 靴業界の経験がない場合は、シュー・フィッターの資格をもった経験者がほしい。
経験がある場合は、経営が軌道に乗るまで家族の労働力で乗り切ろう!



キーワード