ホーム > 選び方ガイド > お好み焼きでアルバイト

お好み焼きでアルバイト

アドバイスのポイント

まずは、広島風か関西風か関東風かのどちらかを決める。それによって働き方が変わる。
次に、そのタイプの店で修行することで、調理技術、仕入先、ソース、接客技術等店舗を運営するための知識を習得する。 

13.jpgメニューを見やすく工夫
お好み焼きは材料によっていろいろなパターンの商品ができる。イラストを使用し、焼き方を説明。店外にもイラスト等でアピール。

夏場をのりきる!
鉄板料理は夏が試練。夏は鉄板は保温用として使用し、エアコン位置も配慮する。お客様が涼しく利用できるよう心がける。

店舗例
◆ディスプレイ 大衆的なイメージがあるが女性客を増やすためには清潔感を!和風作りの店が多いが、カントリー調の洋風スタイルも!
 客が焼く店では各テーブルに鉄板を備え付ける。店が焼く店の場合、他の料理を提供するなら厨房を用意する。
◆メニュー構成 昼と夜のメニューを用意。昼は割安感のあるセットもの、夜はアルコールニーズに対応したメニュー(鉄板焼きの店としてメニューを増やすのも手)
◆従業員 客が調理する場合は家族でまかなう。店が調理するなら、パート・アルバイトが必要
◆食器類 皿/大30・中30・小30、ヘラ/50
コップ/40等



キーワード