ホーム > 選び方ガイド > クリーニング屋でアルバイト

クリーニング屋でアルバイト

アドバイスのポイント

一般家庭、クリーニングへの支出はわずかずつではあるが順調にのびており、比較的好不況に関係のない業種であるといえる。

28.jpgクリーニング店を開業する場合は、都道府県知事に必要事項を届出し、さらに、施設の使用開始前に衛生基準などの検査をうけなければならない。そして都道府県が実施する研修・公衆への参加が義務付けられている。
 事業所に1名以上のクリーニング師をおく必要がある。とはいえ、経営者がクリーニング師である必要はない。店の誰かが資格を持っていればよいのである。

洗濯物処理技術の向上をはかる
ファッション衣料は、各種新素材が登場したり、従来のクリーニング技術では対応が難しくなってきている。そうした変化に対応できるよう技術の向上に努めなければならない。

環境・衛星問題に対応する
ドライクリーニングは、オゾン層破壊の元凶とされており、過去の溶剤は全廃されていたり、現在新しい手法への過渡期である。そうした動向をふまえ、開業時に中古のドライクリーニング機を購入するときは、念頭に入れておく必要がある。

店舗例

◆立地条件 東京都の一般クリーニング店の場合、受注内容は、外商60%、持込み40%となっている。外商であれば立地は関係ない。クリーニング設備が稼動できる場所を優先。
◆ディスプレイ クリーニング店はスペースのほとんどが設備と衣料の保管スペースとなる。
レイアウトは、入ってすぐのカウンター。店内はシンプルに、外観はクリーニング店と分かればよい。清潔感は大切にしたい。
◆特徴の出し方 立地によって、高級イメージ店、低価格店、早期仕上げ店と方針を出す。
 集客率によって、外商と店預かりを組み合わせる。季節物の預かり制度、皮製品の洗濯、早朝・深夜営業と店の得意分野を確率する。
◆従業員 基本的には家族でまかなう。ただクリーニング師の資格を持った人がいない場合は、有資格者を雇う必要がある。
◆設備・備品など 全自動水洗機 乾燥機 各種プレス機 各種アイロン ボイラー コンプレッサ ワイシャツ折りたたみ機 ワイシャツ包装機 整理カゴ 洗い場用ワゴン など



キーワード