ホーム > 選び方ガイド > 居酒屋でアルバイト

居酒屋でアルバイト

アドバイスのポイント

幅広い層に支持されている居酒屋は現在、フランチャイズ店の発展は落ち着きを見せている。独自性を出したい場合は、独立店がよい。
居酒屋は【開業も多いが廃業も多い】飲食業の代表的存在・・開業前の綿密な計画が必要。 

10.jpgFC店との差別化をはかる
低価格を前面に押し出したFC店との差別化を図る工夫が必要。落ち着いた雰囲気、料理の質、サービスでワンランク上を狙い独自性をだす。

生産地と直結した商品をつくる
何でもよいから、生産地と直結した商品をつくる。「あの店に行けば、〇〇が食べられる」などの評価が得られるようにする。

店舗作例
◆立地条件 オフィス街、繁華街等。固定客をつくりやすい駅前商店街もよい。
◆席数 12席
◆ディスプレイ 和食が中心だが、くつろげる洋風の内外装もOK。初めての開業ならばカウンターのみの小さな店が経営しやすい。
◆メニュー構成 FC店のメニューを調べ、力を入れるジャンルを見つける。FCにはない、日本酒や地ビールの充実もよいだろう。
◆従業員 夕食時等混雑時はパートアルバイトの導入もみておかねばならない。
◆食器類 茶碗・椀/30、どんぶり/20、土鍋/20、皿/大30・中50・小50、サラダボール/10、銚子/30、猪口/30、コップ/30、フォーク、ナイフ、スプーン、調味料入れ等



キーワード