ホーム > 選び方ガイド > 移動販売アルバイト

移動販売アルバイト

アドバイスのポイント

道路交通法では【道路での営業が禁じられている】許可は祭りなどの特別なときでなければなかなか下りない。
したがって、移動販売業は営業を終えた店先を借りるとか、文字通り短時間で場所を移動しながら販売するなどの対処をしなければならない。

25.jpg昨今、移動販売の中で注目されてるのが【日貸し店舗】である。これは店舗を1日単位で借りるもの(1週間単位が多い)で、店舗を借りる際につきものの保証金や権利金が不要なため、資金が少なくすみ、好きな場所を選んで営業できるメリットがある。
ただし、店を借りるたびの商品の搬入、搬出という手間はかかる。


時間帯によって好条件の場所を確保する
飲食業であれば、昼食時のオフィス街、官庁街をはじめ、大規模工事の現場、学生街、団地、住宅街などは格好の場所となる。
学生の登下校の時間帯、おやつ時、夕食時等も場所を絞り込むことができるだろう。
移動販売業とsちえ、時間帯によって好条件の場所を確保し、コースや時間帯が一定になれば、回って来る販売者を持っている消費者もでてくる。

A商品は品質、価格で勝負する
消費者にとって、移動販売のメリットは目の前に商品を持ってきてくれるということである
 よって、スーパー等と同等のものであれば、購入意欲をもってもらえる。スーパーを上回る高品質、低価格であればなおさらだ。

概要例

移動販売業のFCは比較的少ないは、それでもさまざまな分野のFCがそろっている。
移動販売号のFCには「ファミリーラーメン」「ハローポニー」「ママサン号」「どすこい」「めがねのみぇ〜る号チェーン」などがある。
それぞれは、ラーメンの移動販売、食料雑貨の移動販売、ファーストフードの移動販売、眼鏡の移動販売となっている。



キーワード