ホーム > 選び方ガイド > フラワーショップでアルバイト

フラワーショップでアルバイト

アドバイスのポイント

フラワーショップでアルバイトするには、花の名称、手入れ等の知識や、アレンジメントのアドバイス力が必要であり、ショップ等で実践的経験を積むことが大切。
現在は、アレンジメントやティーコーナーの設置といった融合店舗化が求められている。 

04.jpg融合店舗化をめざす
単なる花販売ではなく、フラワーコーディネーターによるアレンジメント、教室開催、カード・陶器といったギフト商品の販売など工夫する

薄利多売商品と厚利少売商品を組合わす
切花も鉢植えも仕入れ価格より2〜3倍と高めの値段設定が多い。これは生花の寿命が短く、売れ残りのリスクが大きいです。
こうした背景を踏まえ、苗もの、鉢ものと薄利多売商品とコチョウラン、観葉植物といった厚利少売商品をうまく組合せた品揃えを目指しましょう。

店舗例

◆立地条件 メイン客の女性の通行が多い商店街、繁華街等がよい
◆ディスプレイ 花は夢を与える商品。店舗は清潔感のあふれる明るい空間に。季節感を出すことも大切。ショーウィンドウや店の前面をガラス張りにする等、人々の目を楽しませる。
◆商品構成 ハーブコーナー、ドライフラワーコーナー、ギフトカードコーナーを設置
ギフト向けのセット商品も重視し、ラッピングにも凝る
◆従業員 基本は家族でまかなう。アレンジメントができない場合は経験者を雇う必要も。
◆設備・備品など ショーウインドウ ショーケース 作業台 包装台 等



キーワード