ホーム > 選び方ガイド > 家電量販店でアルバイト

家電量販店でアルバイト

アドバイスのポイント

家庭電器小売店は、大型店の伸長により、販売シェアが落ち込んでいる。また、ホームセンター、ディスカウントショップ、生協等タイプを異にする競合店も多い。家庭電器小売店にとっては冬の時代が続きそうである。
加えて、家庭電器小売店としても、パソコン、ハイビジョンテレビ、DVDといった、新家電への対応が課題になろう。 

29.jpg商品特性を明確にする
競合の多い、家庭電器小売店は店の独自性を打ち出す必要がある。ポイントとしては、店の立地による客層ターゲット、競合店との差別化、店舗規模、経営者ポリシー等がある。

重点を置いた店頭陳列を工夫する
 スペースが限られるので、特定のジャンルに重点を置く。それ以外はカタログで対応。

行事にあわせた販売促進を工夫する

店頭イベントを実施する
年賀状作成、料理教室、パソコン教室等

アフターサービスを充実させる
地域の家庭電器小売店で人気なのは、故障にすばやく対応する等アフターサービスがすぐれているところである。個人の家庭電器小売店は地域で愛される店でなくてはならない

店舗作例
◆レイアウト 店頭にはオープンステージのショーウィンドウを設け、セールごとに展示の変化をつける、店の置くにはAVコーナーを設け、映像音声等を流す
◆特徴の出し方 店内のレイアウトも季節ごとに変化つけられるよう可変式のものを選ぶ。
スポーツ用品等他業種とのタイアップセール等をおこなうことで集客をはかる。
 冷暖房等の季節商品については、利用するシーズン直前直後に点検サービスを実施する。
◆従業員 夏季のエアコン販売時などは、取り付け作業を外注するなどの対応が必要であるが、基本的に家族で営業する。
◆設備・備品など 電話 レジ 車両 陳列棚
カウンター等



キーワード