ホーム > 選び方ガイド > DVDショップでアルバイト

DVDショップでアルバイト

アドバイスのポイント

レンタルショップが生き残るには、仕入れルートや在庫管理に優れた大型店舗か、CD、TVゲーム、書籍などメディアなら何でもそろっている複合形態の店にするかのどちらかである

34.jpgまた、レンタルショップを開業するためには、様々なジャンルのDVDを多量に仕入れ、新作を次々と導入していかなければならない。このため個人開業の場合は、FCとは一味違う「ジャンルを絞った品揃え」を検討。特徴あるビデオがそろっていることを客にアピールする。
最近は営業時間の長時間化、車の利用者、深夜の利用者が増加している。そのため、駐車スペースはぜひ確保したい。駐車場があればロードサイドという立地が可能になり、商圏もひろがる。


中心客層である年代にターゲットを絞る
10代・20代は音楽、30代は映画がジャンル別ではトップになる。これらを充実させ、新作を誰よりも早く見たい願望の強い30代のニーズにあわせ、いかに話題作を早く並べることができるかも人気をよぶポイントとなる

セルビデオのコーナーを設ける
昨今は、レンタルの伸びは頭打ちだが、販売DVDの人気は高い。レンタル店とはいえ、アニメ、映画などのセルDVDコーナーを設けることも必要となっている。

POSシステムを導入する
人気のある商品は、在庫は1枚ではなく、複数枚必要であるが、人気の薄い商品は、在庫を絞り込まなければならない。効果的で効率的な在庫管理のためにPOSシステムが欠かせないだろう。

強い分野をつくる
ファンには、アニメ、ホラー、SFなどマニアが少なくない。マニアの要望に応えるため、強い分野を育て品揃えを豊富にするとよい。店内でもスペシャリストを育てることで、固定客を増やすことができる。

店舗例
◆立地条件 駐車場のない場合は、人通りの多い商店街等、ある場合は、幹線のロードサイドがよい
◆店舗面積 複合店の場合は10坪ぐらい、専業店の場合は、30〜50坪ぐらいのスペースがほしい
◆ディスプレイ ロードサイドの場合は、遠くからでも一見して、DVDレンタルショップであることがわかる必要がある。また店頭にオススメDVD、お知らせなど店のアピールが伝わるディスプレイを工夫する
◆従業員 通常は家族でまかなう。ただし深夜までの長時間経営にした場合はパートアルバイトの導入を検討する
◆設備・備品など カウンター 棚 テレビ ビデオ機器 テーブル 椅子 など。



キーワード