ホーム > 選び方ガイド > 宅配・配達アルバイト

宅配・配達アルバイト

宅配販売業は、消費者から便利さや手軽さが受け、急速に店舗数を増やしている。その中心がピザ等の飲食業のFCである。ピザ業界からもわかるように、大手FCの寡占化がすすんでおり、個人で宅配業を開業するのはかなり困難なことである。

11.jpgとはいえ、個人で販売戦略をもつことで、成功されている人間もいる。
 商品には自信があるが、店舗を構えるまでの資金力がないという個人の場合、「宅配販売業は夢を実現する有効な手段」であるといえる。資金面商品面の両面から、アプローチを考えるとよい。
 開業にあたっては、商品をつくり、配達するためのスペースの確保と、大量受注を考慮して、仕入れから料理、箱詰めと作業の流れの熟知が必要である。 

宣伝が成功のカギを握る
宅配販売業は注文を受けなければ仕事は始まらない。開業時、開業前にチラシを配ったり、セール時の宣伝を心がけたい。品を良くする事で口コミの効果をねらう。

ターゲットを絞った展開を図る
絞りこんだ顧客層の地域での人口をしらべることで独自の商圏が見えてくる。宣伝もポイントもわかるだろう。

移動販売と組み合わせる
宅配販売業は、注文をうけてから動き始める「待ち」のビジネスである。
そこで車両を使い、昼食時にタイミングを絞ってオフィス街や大規模工事現場、住宅街を回り販売してみる。それにより売上を確保できるだけだなく、店の宣伝にもなり、注文へつながる。このような攻めのビジネスをとりいれることも個人事業の場合必要となる。

色々な宅配サービス例

◆「産地直送」 有機野菜、自然食品、鮮魚等
※ポイントは生産者とのネットワーク作り 顧客管理のシステム化
◆「書類の宅配」 バイクで 自転車で
※ポイントは取引先の信用を得ること
◆「弁当の宅配」 オフィスや工場に注文を聞いて弁当を宅配 行事になどに使われる弁当の注文をうける
※ポイントは注文をとるための営業力の強化



キーワード