ホーム > 選び方ガイド > カルチャー教室でアルバイト

カルチャー教室でアルバイト

アドバイスのポイント

女性の社会進出に伴って、成人女性を対象にした「文化教室やカルチャーセンターは隆盛を極めている」
経験や資格取得など必要なことも多いが、やりがいのある業種の1つだろう。

38.jpg資格があれば肩書きが信用につながる。
資金的にはどこまで可能なのか、ニーズは今後もあるのか、将来的にもこのサービス供給対象を確保できるのか、など総合的に検討する必要がある。それによって単独ではなく、異業種の分野を組み合わせた文化教室にする、スペースを確保するなど計画が異なってくる。

常に情報のネットワークをもつ
自宅で教室を開いている場合も、常に関係ある分野には関心をもたねばならない。最新動向に対応して教える内容も変えていかなければ生徒は集まらない。情報のネットワークを大切にしよう。

発展すれば認定校を検討する
認定校になると社会的な信用があがり、生徒募集もしやすくなる。

発表会を行う
 ピアノ、バレー等技術が伴うもの発表会が欠かせない。良い場所を確保するためにも、年間スケジュールに発表会の予定をあらかじめ組んでおく必要がある。

個人ならではの特徴をうち出す
1人1人の能力やレベルに合わせた指導を行いレベルを伸ばす。


店舗例

◆立地条件 基本的には交通の便利な場所がよい。ただし、子供対象の場合は、子供の多い住宅地といったぐあいに、対象によって好ましい立地は変わってくる

◆ディスプレイ 教室で教える内容が反映されるディスプレイや看板を工夫する。種類によってディスプレイは様々である。ピアノ教室の場合は、防音設備の必要性も出てくる。

◆従業員 複数分野をカバーする場合は、その分野の講師を招く必要がある。



キーワード