ホーム > 選び方ガイド > パン屋さんでアルバイト

パン屋さんでアルバイト

アドバイスのポイント

大手ベーカリーチェーン化による市場シェアの拡大など、アルバイト求人はそこそこある状況で独自性をだすことで繁盛している店もある。経営者自身がパン焼きの技術に精通することでどのような特徴にするか方針をきめる。
昨今製造技術者不足が問題で、経営者自身のパン焼き技術をもつ必要性が高まっている。 

07.jpgどんなパンを売るかを明確にする
味、ヘルシー、安全、低価格等、店の特色を明確にし、お客にアピールする

A焼き上げ回数を増やす

B1つのベースとなる生地を活かし、商品のバラエティを増やす
大型店でできない細やかなアレンジは有効

店舗例

◆ディスプレイ 店内はガラス張りにし、清潔感あふれる明るい店作りに。建物に木の質感を活用すると、西洋風のパンのイメージにマッチ。スペースに余裕があればイートインコーナーを設けるとよいでしょう。
◆メニュー構成 昼食・夕食用にパックされたセット商品を用意。パンに関連した紅茶・ジャム等こだわりの品を販売するのも手。
◆従業員 基本的には家族でまかないたいが、焼き上げ回数を増やすためにはパートアルバイトの導入も考えなければならない。
◆設備・備品 オーブン、トレイ50、パンはさみ/50等



キーワード